話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

竜が呼んだ娘 魔女の産屋」 こはこはくさんの声

竜が呼んだ娘 魔女の産屋 作:柏葉 幸子
絵:佐竹 美保
出版社:朝日新聞出版
税込価格:\1,760
発行日:2020年11月20日
ISBN:9784021911064
評価スコア 3
評価ランキング 51,303
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 竜が読んだ娘シリーズの3冊目

    『大昔。斧の民と弓の民が争い、斧の民が勝った。
    それ以来、弓の民は罪人として「谷」で暮らすことになった。』

    主人公は、「谷の子」である10歳の少女・ミア。
    このシリーズは、ヒロインであるミアが数々の苦難や冒険に巻き込まれながら、成長していく物語です。

    今回、ミアは、生後すぐにさらわれてしまった、竜騎士・ウスズと魔女・星の音の赤ちゃんを取り返すべく奮闘します。

    「鬼喰い」と呼ばれる若い魔女、繭の里、呪い、トロル、「あのお方」と呼ばれる異形の者など、ハイファンタジーが好きな子ども達はワクワクしてしまいそうです。
    「親子」という、とても複雑なテーマと真剣に向き合ったお話でもあると思いました。

    物語の最後で、ミアは自分の夢が明確になるのを感じ、そして、一歩、夢に近づきます。

    中学年〜高学年の子ども達にお勧めしたい、一冊です。

    投稿日:2021/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「竜が呼んだ娘 魔女の産屋」のみんなの声を見る

「竜が呼んだ娘 魔女の産屋」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / だるまちゃんとてんぐちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



愛を伝える絵本 レビューコンテスト

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット