まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

すてきな三にんぐみ」 おかなしこさんの声

すてきな三にんぐみ 作:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033270203
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,757
みんなの声 総数 263
  • この絵本のレビューを書く
  • 読む人を選ぶ

    • おかなしこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    盗みを働く三人が最終的にはみなしごの子供たちのために働くというお話。

    善いことをしてるけど、もともとそのお金は盗んだもの。これを善い話と捉えてしまうと、今後、道徳的に疑問がでてきてしまう気がします。

    おとぎ話やディズニーのような映画では時々こうした憎めないキャラクターは出てくるので海外では多いのかもしれません。

    3歳の息子は表紙からして怖がり、絵本好きなのにこの絵本は途中で飽きてました

    投稿日:2020/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すてきな三にんぐみ」のみんなの声を見る

「すてきな三にんぐみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / ともだちや / おじさんのかさ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

全ページためしよみ
年齢別絵本セット