新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

チロヌップのきつね」 ぼんぬさんの声

チロヌップのきつね 文・絵:たかはし ひろゆき
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1972年
ISBN:9784323002316
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,269
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く
  • 文章は全てひらがな、イラストは柔らかくやさしいタッチです。戦争はこんな北の島にも影を落としていた。夏の間だけ島に来て漁をするという暮らしが現代の私たちにとっては異文化となっている。なぜキツネは撃たれなければならなかったのか?現在でも熊や猪、鹿、人間の町に出てきて射殺されている。この現実や絵本とリンクさせることで、自然の美しさや家族愛、人間との愛、反対に人間の非情さ、戦争の厳しさなどいろいろなことを感じ考えることができる一冊です。

    投稿日:2020/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「チロヌップのきつね」のみんなの声を見る

「チロヌップのきつね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット