話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

ペロー童話 ながぐつをはいたねこ」 おるがんさんの声

ペロー童話 ながぐつをはいたねこ 作:ペロー童話
絵:スタシス・エイドリゲビシウス
訳:斉藤 洋
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1991年
ISBN:9784593502783
評価スコア 3.33
評価ランキング 47,256
みんなの声 総数 2
「ペロー童話 ながぐつをはいたねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 特異の解釈

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    このおはなしは、絵本もたくさん出ていますし、アニメにもなっています。
    とても面白いおはなしなので、子どもたちも大好きです。
    この絵本は、画家が自分の解釈で絵を描いているので、子どもがお話をたのしむための絵ではないと思います。

    こんな考え方もあるんだなと思いながらページをめくりました。
    でも、正直、共感はできませんでした。

    訳をされた斉藤洋さんも、この世界観にあわせたのか、最後に「教訓」などと書かれていて、
    これをジョークと考えていいのでしょか。
    本気で書かれていないと信じたいです。
    あとがきも、本来の昔話の世界観を崩すようなことを書かれているので、
    やっぱり、これは、このお話を画家も訳者も、自分なりに楽しんでパロディーのようにされているのかなと思いました。

    投稿日:2007/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ペロー童話 ながぐつをはいたねこ」のみんなの声を見る

「ペロー童話 ながぐつをはいたねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット