季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

」 夏の雨さんの声

秋 著:かこ さとし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2021年07月29日
ISBN:9784065239629
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,338
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 「敗戦のとき、僕は十九歳でした。」
     こんな書き出しで始まるのは、絵本作家かこさとしが子供たちに残したメッセージ『未来のだるまちゃんへ』の「はじめに」の文章です。
     その文章の中で、かこはかつて軍人を希望しながらも近視が進んでなれず、一方で軍人を志した同級生の多くが戦死し、絶望の淵にあったことを告白しています。
     そんなかこを救ったのが、子供のためにできることをしようと決意したことだったのです。
     かこは、昭和二十年から自身の人生が始まったのだといいます。

     この絵本は、「ちいさいときから、秋が大好き」だったかこが昭和28年に描いた作品です。
     タイトルの「秋」には、かこには珍しくピンクのクレヨンが使われていました。
     そんな色やタイトル、あるいは書き出しの秋の魅力を描いた数ページとうってかわって、この作品は戦争への嫌悪を描いた、かこの思いが強く出た反戦絵本といえます。
     敗戦間近の19歳の秋、かこは盲腸炎で入院をしていました。
     そこで、お世話になった医師が軍隊に召集され戦死することやアメリカの戦闘機と戦った負けた日本兵が落下傘が開かず墜落する様などを体験します。
     かこは思います。
     「青い空や澄んだ秋晴れは、戦争のためにあるんじゃないんだ。」と。
     最後のページには、戦争のない秋に咲く美しい秋桜が描かれています。
     それこそが、かこが願った世界でした。

     絵本の最後に、かこの長女である鈴木万里さんがこの作品の出版にいたる経緯を記しています。

    投稿日:2021/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「秋」のみんなの声を見る

「秋」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット