新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

おやゆびトム―ペロー童話」 さみはさみさんの声

おやゆびトム―ペロー童話 作・絵:リディア・ポストマ
訳:矢川 澄子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年04月20日
ISBN:9784834009705
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,958
みんなの声 総数 5
「おやゆびトム―ペロー童話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 本当に怖いもの

    最近グリム童話に興味を持ち、読んでみました。

    童話と言えども、結構深い内容です。表面的には、小さいけれど賢いトムの知恵により、兄弟と両親が幸せになる話ですが、背景に中世のヨーロッパの貧しい人々のやるせない日々の暮らしが見えてきます。

    貧しくて今日の食べ物にも困るほどの生活をしている夫婦が7人の子供たちを養えないからと森に捨てに行きます。現代なら、だったら生まなきゃいいのに、となりそうですね。また、兄弟が最初にトムの知恵で小石を辿って家に帰り着いたとき、夫婦は以前貸していたお金が戻ってきたとかでご馳走を食べています。子供たちが戻ってほんのひとときだけ幸せが戻りますが、そのお金もすぐに使い果たしてしまう・・・。貧しさ故の愚かさに腹立たしくなります。にもかかわらず、最後に人食い鬼から奪った金銀宝石で「めでたしめでたし」。思わず、そういうお金は・・・!と言いたくなってしまいます。

    怖いのは鬼ではなく、人間の愚かしさ、無知蒙昧さのような気がしてなりません。

    昔の人はこんな話を語り継ぎながら何を感じたのでしょうか。

    この話は初めて読んだのですが、『ヘンゼルとグレーテル』と重なる部分があるのですね。読み比べると面白そうです。

    投稿日:2011/01/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おやゆびトム―ペロー童話」のみんなの声を見る

「おやゆびトム―ペロー童話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット