宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

エジプトのミイラ」 Tamiさんの声

エジプトのミイラ 作・絵:アリキ
訳:神鳥統夫
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年12月
ISBN:9784751519820
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,254
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • ミイラに興味をもったらまずはこの本!

    古代エジプト人はなぜミイラを作ったのか。
    ミイラはどうやって作るのか。
    なぜ腐らないのか。
    葬儀はどうするのか。
    ピラミッドや墓はどうなっているのか。
    なぜあんなに大きいのか。
    などなど、ミイラに関するあれやこれやがほぼこの1冊でわかります。

    ミイラを作る際、
    鼻の穴から脳味噌を引っ張り出している挿絵はさすがに衝撃的ですが、シンプルな線画のために生々しさはなく、怖くはありません。

    個人的には、ミイラにかぶせてあるお面は何なのだろうと思っていましたが、
    ミイラが破損した際、魂が自分の体がどれだかわからなくならないように、顔を描いてかぶせたとのこと。納得です。

    短く簡潔な文章で、かつ、わかりやすい語彙のみを使い、
    ここまでの内容を小学校低学年にも理解できるよう説明しています。
    これはお見事です。
    ミイラに興味をもったらまずはこの本です。
    すばらしい本に出会えました。

    投稿日:2017/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「エジプトのミイラ」のみんなの声を見る

「エジプトのミイラ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット