紙芝居 ひよこちゃん」 ジョージ大好きさんの声

紙芝居 ひよこちゃん 原作:コルネイ・イヴァーノヴィチ・チュコフスキー
脚本:小林 純一
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1971年4月
ISBN:9784494074433
評価スコア 4.14
評価ランキング 22,268
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • ひよこちゃん

    ひよこちゃん、ひよこなのでもちろん小さいです。

    だけど、自分はとても大きくて立派だと思っています。

    小さい子によく見る、もうお兄ちゃんになったもん。

    という、アレによくにてると思います。

    このお話は詩の朗読の方法で読むように

    描かれています。

    よんでいけばそれが分かるような、文章になっています。

    見ている子供が暗記できるようになれば

    この紙芝居の目的の達成と書かれていました。

    それを目指して読むのも面白いと思います。

    投稿日:2013/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 ひよこちゃん」のみんなの声を見る

「紙芝居 ひよこちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット