まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

紙芝居 ひよこちゃん」 てんぐざるさんの声

紙芝居 ひよこちゃん 原作:コルネイ・イヴァーノヴィチ・チュコフスキー
脚本:小林 純一
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1971年4月
ISBN:9784494074433
評価スコア 4.14
評価ランキング 20,390
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • これが、紙芝居の味!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    大人ばかりの講習会で、講師の方が読んでくださいました。
    この作品はもともと知ってました。
    ストーリーは、小さなひよこがねこに襲われそうになりますが、あわや!というところで若い雄鶏が助けに入ってくれたので、、そのひよこは助かり、雄鶏のカッコよさにあこがれるという。まぁ、よくあるちゃ、よくある話でした。なので、一人で読んだときはサラ〜っと読んでいたのです。
    ところが、「紙芝居」をこよなく愛し、紙芝居の良さを知っている方が読むと、もう、なんか、“これぞ、紙芝居!!”って、歌舞伎でも見ているみたいに掛け声をあげたいくらい感動しました。

    紙芝居の舞台の中の“ひよこちゃん”の姿が、言葉が、
    見ている側にスーッ入ってくるんです。
    各場面の背景はほとんど真っ白で、描かれているものといったら、動いている動物たちの影とひよこちゃんが転んでしまった水たまりくらい。
    なのに、一つ一つの場面がすごく鮮明に目に焼き付きました。

    それにこの紙芝居の言葉の使い方とかリズムとかがとても心地よかったです。

    “ほら、ね。
     こんなふうに。”
    とか、
    “ほら、
     こんなふうに。
     ね。”

    演じての方に優しく言われると、「あ、ほんと。うん、そうそう、そうですね〜。まぁ、ひよこちゃんたらっ!」って、なるんですよ。
    ほんと、不思議。
    わたしもいつかこんな風に演じてみたいなぁ。と、思いました。
    小さなお子さんがいる方、保育園・幼稚園の先生など、この紙芝居はとってもお薦めです。
    ぜひ、紙芝居用の舞台で子どもたちに見せてあげてください。

    投稿日:2016/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 ひよこちゃん」のみんなの声を見る

「紙芝居 ひよこちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット