宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

紙芝居 とんだちょうじゃどん 〈鎌倉時代〉」 ヒラP21さんの声

紙芝居 とんだちょうじゃどん 〈鎌倉時代〉 作:堀尾青史
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1969年03月
ISBN:9784494076833
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,475
みんなの声 総数 3
「紙芝居 とんだちょうじゃどん 〈鎌倉時代〉」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • とんだはどっち?

    とんだちょうじゃどんは、「とんでもない長者」でしょうか、「飛んでった長者」でしょうか、洒落っ気たっぷりのユーモア紙芝居です。
    それにしても、沈もうとする太陽を空に戻してしまうなどととんでもないことをしたら、バチは当たりそうですね。
    鎌倉時代のお話とありましたが、誰か揶揄されるようなモデルでもいるのでしょうか?
    屋敷が飛んでいくところは迫力がありましたが。

    投稿日:2018/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 とんだちょうじゃどん 〈鎌倉時代〉」のみんなの声を見る

「紙芝居 とんだちょうじゃどん 〈鎌倉時代〉」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット