話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

マーヤのさるたいじ 日本のおはなし」 ヒラP21さんの声

マーヤのさるたいじ 日本のおはなし 作:中脇 初枝
絵:唐木 みゆ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,870
発行日:2022年02月26日
ISBN:9784039604309
評価スコア 4
評価ランキング 30,508
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 昔話の伝承

    この昔話を読んで、主人公のマーヤの強さとともに、本土と沖縄の関係を感じました。
    昔話だから、沖縄がまだ琉球王国として、独立した国だった頃のお話でしょう。
    それでも日本と交流のあった琉球で、伝わってきた「さるかに合戦」と「桃太郎」が、このように改編されたような気がしました。

    桃を育てたマーヤが、美味しい桃を猿に取られてしまい、仕返しに向かいます。
    搾取される側が沖縄だとすれば、猿はどこでしょう。
    マーヤが自ら行動する女性であることも何か象徴的です。
    マーヤのさる退治に、はと、ハチ、臼、牛が加わりますが、マーヤ自身から働きかけるところには、マーヤの行動力を感じます。

    それだけマーヤはたくましさの象徴でした。
    沖縄返還50年に読んだからでしょうか、現在の国際情勢を憂いているならでしょうか、こんな深読みをしてしまいました。

    めでたしめでたしで終わる昔話ですが、味わい深いお話です。
    唐木みゆさんが沖永良部島に取材して、すくい上げた沖縄情緒を漲らせています。

    投稿日:2022/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マーヤのさるたいじ 日本のおはなし」のみんなの声を見る

「マーヤのさるたいじ 日本のおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本「ぴょーん」作者まつおかたつひでさんインタビューby好書好日

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット