ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

紙芝居 なんにもせんにん」 みいのさんの声

紙芝居 なんにもせんにん 原作:巌谷 小波
脚本:川崎 大治
絵:佐藤 和貴子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1972年11月
ISBN:9784494076260
評価スコア 4.14
評価ランキング 21,344
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 面白いですが、結末に疑問あり

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    まず、だじゃれのタイトルが面白く、絵もわかりやすいと思いました。
    読み手としては、手のひらにちょこんと載るサイズの「なんにも仙人」の台詞を演じるところが、楽しかったです。
    ちょっと鬼太郎の目玉おやじ風になってしまいました。

    ただ、娘は結末が気に入らなかったそうで、私も同感でした。
    主人公のたすけが心を入れかえて、よく働くようになったのは偉いと思いますが、それだけで安易に日本一の長者になれるのでは、はじめからまじめに働いていた村人の立場はどうなるの?と疑問が残りました。

    投稿日:2014/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 なんにもせんにん」のみんなの声を見る

「紙芝居 なんにもせんにん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット