話題
うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食

うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食(学研)

「ちゃんと作りたい」あなたに贈る、簡単でおいしい離乳食&幼児食の教科書!

  • かわいい
  • 役立つ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし」 ヒラP21さんの声

アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし 作:ジャネット・ウィンター
解説:清末 愛砂
訳:福本 友美子
出版社:さ・え・ら書房
税込価格:\1,650
発行日:2022年03月16日
ISBN:9784378015309
評価スコア 4
評価ランキング 30,494
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 過去形ではとらえたくない事実

    今から20年前に本当にあった話として語られるこの事実が、決して過去ではないことを誰もが知っています。
    誰もが知らなければいけないと思います。
    父親が兵士に連れ去られ、母親も父を探しに出かけて戻ってこないナスリーンのお話です。
    女性は学校に行ってはいけないという、タリバン政策によるお話です。
    ひみつの学校で、ナスリーンはやっと閉ざされていた心を開くことができたという、美談的な結末です。

    でも、でも、アフガニスタンの現在は、その疎ましい過去の状態に戻ってしまいました。
    解放されたはずの女性は、再び昔に押し戻されてしまいました。

    今、世界はウクライナに目が向き、内政としてのアフガニスタンから離れているかも知れません。
    でも、アフガニスタンの混乱が、1970年代のソ連軍の侵攻に端を発していることまで遡ったら、同様のことがウクライナで起ころうとしているかも知れないと、思わずにいられません。

    この絵本から、犠牲者は未来を担う子どもたちであること理解しなければいけないと痛感しました。

    投稿日:2022/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし」のみんなの声を見る

「アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット