新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと」 めむたんさんの声

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと 作:木下 さとみ
絵:吉森 太助
監修:京都大学野生動物研究センター
出版社:小学館集英社プロダクション 小学館集英社プロダクションの特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2022年07月22日
ISBN:9784796879057
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,489
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 分からないままというのも素敵

    とてもおもしろく読めました。
    現代の世の中でも解明できないことって、たくさんあるのですね。
    まあ、自分自身のことでさえよく分かっていないのだから、たくさんあって当たり前ですね。

    それにしても、分からないままというのも素敵だと思います。
    なぜなら疑問の先に想像力が働いて、「ただただしずかにかぜのおとをきいていたいのかな」と考えることができるからです。
    分かっていないことに関してあれこれと想像するのはとても楽しい作業で、いくつかの物語を生み出せそうです。

    投稿日:2023/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どうぶつのわかっていること・わかっていないこと」のみんなの声を見る

「どうぶつのわかっていること・わかっていないこと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット