話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん」 びんとろさんの声

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん 作:松谷 みよ子
絵:菊池 貞雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1974年
ISBN:9784061192317
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,378
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く
  • 小学校の読み聞かせ

    私自身、小学校2年生のとき
    朝の読み聞かせ時間に
    担任の先生が読んでくれて、クラス全員
    しぃーーんとなって、お話に
    引き込まれていったのを思いだし
    わが子にも読んでみることにしました。

    このモモちゃんシリーズは
    全6巻まであって、モモちゃんの誕生から
    描かれています。
    まずは、1巻目。
    モモちゃんが誕生します。

    ママが30枚ものパンツをミシンで
    縫うところは、子供には大うけでした。
    「ええええ30枚もぉ??」なんて
    びっくりしてました。その挿絵もあって
    ちいさいパンツが並んでるんです。

    モモちゃんのおうちにいる
    クロネコのプー。
    プーはモモちゃんやママたちとも
    お話ができるんです。
    「こんなネコ、いいなあ」なんて
    うちの子供は言ってました。

    モモちゃんの成長と自分のこどもの
    成長を重ね合わせて
    私自身も、楽しめた作品です。

    投稿日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん」のみんなの声を見る

「モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット