新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん」 ぽこさんママさんの声

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん 作:松谷 みよ子
絵:菊池 貞雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1974年
ISBN:9784061192317
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,378
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く
  • ママとなった私が感じたこと

    この本は昭和45年発行のもの。おそらく私が今の娘と同じ
    くらいの時に、母に読んでもらっていたのではないかしら。
    黄ばんだページ、印刷もぼこぼこしているので活版印刷?の
    年代ものの本だけど、本の内容以前にそんな古びた雰囲気も
    とっても気に入っています。

    自分で読めるようになってからも、何度も何度も読んできた
    本だけれど、こうやってあらためて娘に読んであげていると、
    今まで感じたことのなかった気持ちになります。
    なんかもう、モモちゃんが産まれてお風呂に入れてもらって
    いる場面から涙ぐみそうになってしまう。

    自分が赤ちゃんだった頃のこと(など覚えてもいないのに)、
    娘が赤ちゃんだった頃のこと(今だって十分小さいのに。で
    も赤ちゃんの時代はあっという間に過ぎ去ってしまうものな
    のですよね)、それからこれから大きくなっていくであろう
    モモちゃんのことなどを思って感傷的な気分になってしまう
    のです。

    お母さんとなった私は、今までは気にすることのなかったモ
    モちゃんのお母さんにも感情移入してしまうし、お母さんと
    私とをくらべて「至らないママである私」を反省してみたり
    「働くお母さんはつらいこともあるだろうなあ」と切なくな
    ったりもして。

    娘は、なんら感傷的になることもなく(当たり前ですね)、
    楽しく聞いていました。
    ちいさいモモちゃん、私はこの1冊しか持っていないのだけ
    れど、たとえもっともっと寂しくなっちゃうとしても、続き
    も手に入れて、娘の成長と共に。モモちゃんの成長を見守っ
    ていきたいなあと思っています。

    投稿日:2010/09/03

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん」のみんなの声を見る

「モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット