新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

岩波少年文庫 あのころはフリードリヒがいた」 てんぐざるさんの声

岩波少年文庫 あのころはフリードリヒがいた 作:ハンス・ペーター・リヒター
訳:上田 真而子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\770
発行日:2000年
ISBN:9784001145205
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,086
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • ユダヤ人の友(フリードリヒ)を持つ、ぼく

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    第1刷が1977年となっています。
    私の記憶では、自分が小学校の頃図書室にあったような気がします。
    だから、タイトルだけはずいぶん前から知っていましたが、子どもが読みたいというので、今回図書館から借りてくるまで、自分からは一度も読んだことがありませんでした。

    ドイツに興味がなくても、戦争の話やヒトラー政権に興味がなくても、
    本が好きな方は、ぜひ一度は読んでほしい作品だと思いました。

    主人公の「ぼく」と、一週間しか誕生日が変わらない幼馴染フリードリヒ。
    貧しい暮らしの中でも、同じものを見て、一緒に遊んで、一緒に成長してきた「ぼくと」フリードリヒの大きな違いは、
    フリードリヒがユダヤ人の子どもだったこと!

    他のユダヤ人の物語や、ヒトラー政権で虐げられた人たちの話は、その本人が主人公であることが多いですが、
    この作品は、ユダヤ人の友だちを持っているけれど、彼がユダヤ人であらろうとなかろうと、なんの偏見も持っていない「ぼく」の目線で、見た事・感じたことが語られていきます。
    1章1章は日付のタイトルになっていて、
    ヒトラー政権のユダヤ人に対しての弾圧が日々厳しくなっていくのがわかります。

    結局、「ぼく」とその家族は、フリードリヒと、フリードリヒの両親を大切な友人と思っているにもかかわらず、本当の意味で救ってやることはできませんでしたが、
    『なにかをしてあげる』のでなく、『《ユダヤ人だから》という偏見の目で見ることなく、普通に接していた』ことが、フリードリヒたちにとってありがたかったのではないかな〜と、思いました。

    苦くて、悲しいお話ですが、時代が古い物語にしては、違和感なくしっかりと伝わってくるよい作品なので(もちろん名作の1冊)、
    ぜひ手にしてほしい1冊です。
    特に「ぼく」や、フリードリヒと同じくらいの年齢の子どもたち小学校高学年くらいから、高校生くらいの子に読んでほしいです。

    投稿日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 あのころはフリードリヒがいた」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 あのころはフリードリヒがいた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット