となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

大砲のなかのアヒル」 ヒラP21さんの声

大砲のなかのアヒル 文:ジョイ・カウリー
絵:ロビン・ベルトン
出版社:平和のアトリエ
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784938365288
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,659
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 何のために戦うの?

    特選世界平和の絵本シリーズの一冊です。
    とぼけたお話ですが、妙に心に残りました。
    大砲が一つしかない軍隊が、町の近くから大砲を撃とうとしています。
    町から見えるところでなんと大胆でしょう。
    撃とうとした大砲にアヒルが巣を作って子育て中。
    仕方がないので、これから戦おうとしている町に大砲を貸してくれと頼みます。
    こんな話が続くのですが、これが外交でしょうか。
    3週間は戦わないことにしたら、兵隊に払う給料が足りない。
    しかたないから、兵士たちはこれから戦おうとしている町に労働力を提供して町から収入を得ることにしました。

    さて、アヒルの子どもたちが巣立って大砲が使えるようになりました。
    でも、兵士たちは自分達がペンキ塗りの作業をした町に大砲は撃ちたくない。
    隊長も相手の町の※長の娘に恋をしてしまいました。
    大砲をのせたケーキで結婚式。
    ユーモアたっぷりの反戦絵本でした。

    …でも、大人の世界ってこの位ばかげたことで争いになったり、友好を結んだり、子どもたちにはわからないことをしているのかも。

    投稿日:2010/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「大砲のなかのアヒル」のみんなの声を見る

「大砲のなかのアヒル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

そらまめくんのベッド / てぶくろ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット