新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

木の実のけんか」 渡辺諦さんの声

木の実のけんか 作:岩城範枝
絵:片山健
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784834023299
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,614
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 【内容】
    ある山に、いち早く花を咲かせる桜の木があった。たちばなはこれを見つけ、仲間達と花見をしようと、山ひとつ向こうからやってきた。ところが、この山に住む栗に何の断りもいれなかったので、栗たちの一族と争いになり…意外な結末が新鮮な、狂言絵本。狂言の「菓争(このみあらそい)」を下敷きにして作られた絵本。
    文:岩城 範枝 絵:片山 健

    【感想】
    華やかな雰囲気と、つまらない理由で大騒ぎするケンカの対比が面白い。
    昔も今も、「挨拶をしなかった」とか、「縄張り」とかいう理由で、簡単にケンカになる。しかも、この木の実たちは、きっとそこそこの身分がある人たちなのだろう。知識も教養もあってしかるべき立場の人たちなのに、下らないなあ〜と思う。
    人間の心は、時代が進んでも全然変わらないのだと思って、感慨深い。
    作品は、華やかな春の風景と、たくさんの柑橘類たちが楽しく遊びまわって素敵な雰囲気だ。たちばな、というのは、柑橘類の一種だが、もし絵がなかったら人の名前だと思ってしまいそう。その後に金柑や文旦、みかんなど、柑橘類がたくさんでてきて、意外と知らないものもあったりして(仏手柑など)興味が湧いてくる。
    しかし、栗の一族(なし、ザクロ、桃、梅、棗、柿)と柑橘類の一族が仲が悪いというのは、面白い。確かに、柑橘類はそれらの果物と様子が違う。第一、厚い皮に何重にも包まれているし、酸味が強い。なんだか別世界から来たような気がする外観と風味。桃や柿などは簡単に食べられるが、柑橘類は手間がかかるし、食べる部分が少ないように思う。もっとも、栗はもっと手間暇がかかるが…
    最近は、フルーツミックスといって、果物やナッツ類をいろいろに取り合わせて、総合力で勝負するジュース類やお菓子類があって、一見平和そうに見える。しかし、意外と、無理やり合意をしてしかたなく連合を組んでいるのかもしれない。
    ああ、果物の世界も、関係がややこしいのだろうか…妙なことを考え出すと、おいしさが半減するので、この辺で果物関係を探るのはよそう。

    投稿日:2018/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「木の実のけんか」のみんなの声を見る

「木の実のけんか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット