話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

漁師とそのおかみさん」 ヒラP21さんの声

漁師とそのおかみさん 作:グリム
絵:ジョン・ハウ
訳:定松正
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1990年
ISBN:9784890138234
評価スコア 4
評価ランキング 29,244
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 欲望に目のくらんだ夫婦の関係とヒラメ

    先に読んだカトリーン・ブラントの絵と比べると、かなり辛辣な絵本になっているこの作品。
    王子が魔法をかけられたサカナが、なんでヒラメなのかはよく分からないのですが、このヒラメをつった漁師は、サカナの話を聞いて海に放してやります。
    それを聞いたおかみさんは、次々ととんでもない要求をヒラメにしてくるように、漁師に言いつけます。
    気弱な漁師と強欲なおかみさんの夫婦関係。
    困り果てた漁師と醜いまでに欲望に自分を失ったおかみさん、怒り狂う海の風景がとても迫力をもって描かれています。
    話の内容としては、このくらいに描かれた方が、人間の性を追及しているようでもあり、教訓的でもあり、良いのではないかと思います。
    どちらかというとヤングアダルトテイストです。

    投稿日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「漁師とそのおかみさん」のみんなの声を見る

「漁師とそのおかみさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • あたしって、しあわせ!
    あたしって、しあわせ!
    作:ローセ・ラーゲルクランツ 絵:エヴァ・エリクソン 訳:菱木 晃子 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    不安でいっぱいの新1年生ドゥンネは、エッラ・フリーダと出会ってから、何をするにも一緒。ところが…


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット