まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

うさぎがいっぱい」 はなびやさんの声

うさぎがいっぱい 作:P.パリシェ
絵:L.ケスラー
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\922+税
発行日:初版 1978年3月
ISBN:9784477167664
評価スコア 4
評価ランキング 22,885
みんなの声 総数 3
「うさぎがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 笑ってしまいました

    ゆかいなゆかいなおはなしシリーズは、光吉夏弥さんの訳で良質な幼年童話が楽しめるので、息子と一緒に少しずつ読み進めているところです。

    今回も笑ってしまいました。

    このシリーズ、光吉さんのあとがきで、作者のことや作品の背景もわかり、それも魅力の一つです。

    あとがきに「子どもたちには明るい健康な笑いを!」とあり、この気持ちに深く共感しました。

    息子がいなければ、シリーズを楽しむということもなかったでしょうし、このシリーズを作ってくださった光吉さんと出版社の方々には感謝です。

    このお話、一人暮らしのおばあさんのところに、一匹のうさぎがやってくるというだけではありません。

    まるで、ねずみ算のように増えてしまうところがおもしろいです。

    おばあさんも最初は喜んでいる節もありますしね。悲壮感はなく笑えます。

    そして、ラストにも笑いました。人ってなかなか懲りないものかもしれませんね。

    投稿日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うさぎがいっぱい」のみんなの声を見る

「うさぎがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット