おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

新ちゃんがないた!」 ヒラP21さんの声

新ちゃんがないた! 作:佐藤 州男
絵:長谷川 集平
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784580814714
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,954
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 障害を越えた友情に感動しました

    『口で歩く』のレビューから気になって手にした本です。
    四肢性マヒという生まれながらの障害を持つ新ちゃんと剛の友情物語。
    障害を持って生まれた新ちゃんがたくましく育つ姿、幼なじみの新ちゃんに寄せる剛の友情に感動以上に引き込まれてしまいました。

    新ちゃんは小学校5年生の編入で剛と同じ小学校になったのですが、幼なじみでいながら小学校1年から4年までを親と離れて障害者福祉学園で過ごしたのでした。
    障害をもって弱さの目立った新ちゃんは、剛もびっくりするほどたくましく育っていました。
    一緒に学校に行けるという喜びから、剛は新ちゃんを支えることを自分に課しました。
    その思いやりが話の隅々に書かれていて心を熱くしてくれました。

    この話の主人公は剛であり新ちゃんであり、テーマは障害かも知れませんがなにより二人の友情が素晴らしいのです。
    障害に対して、強者弱者の図式から日常生活の中にいかにやっていくか。
    普通に生活することをノーマライゼーションといいますが、どれだけ大変なことか…。
    二人の友情が二人を成長させていくところが、現場を知っている人ならではの語りです。

    新ちゃんがたくましくなった理由。
    新ちゃんを支える剛の思い。
    周りの偏見や軋轢に立ち向かっていく姿。
    当たり前とか、普通とかいった言葉が障害者にとっていかに重いものか実感しました。
    「がんばれといいたくない」というお母さんの言葉も飛び込んできました。
    目頭を熱くさせるお話です。

    投稿日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「新ちゃんがないた!」のみんなの声を見る

「新ちゃんがないた!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット