クロニクル 千古の闇(2) 生霊わたり」 まことあつさんの声

クロニクル 千古の闇(2) 生霊わたり 作:ミシェル・ペイヴァー
絵:酒井 駒子
訳:さくま ゆみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784566024120
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,972
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 読みごたえ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    今回は森ではなく、海で
    また違った自然や狩猟の様子も面白かったです。

    病気や主人公が追われているっていうだけではなく、
    この本には暗さというか闇の存在を強く感じます。

    人びとのふれあいとかほっとする場面もあるのですが、
    この物語はタイトル通り、千年の闇が積み重なった感じで、
    軽くなく、重厚な感じで、読みごたえがあります。

    3巻が気になります。

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クロニクル 千古の闇(2) 生霊わたり」のみんなの声を見る

「クロニクル 千古の闇(2) 生霊わたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / かいじゅうたちのいるところ / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット