まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

世界を動かした塩の物語」 渡辺諦さんの声

世界を動かした塩の物語 作:マークカーランスキー
絵:S.D. シンドラー
訳:遠藤育枝
本体価格:\0+税
ISBN:9784776403159
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,131
みんなの声 総数 8
「世界を動かした塩の物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 塩を中心に、古代〜現代まで歴史をたどっていく絵本。
    旅の始まりは、筆者と岩塩との出会い。そして、塩の科学的な性質が紹介され、古代〜現代へむかって世界各地の塩の利用法(政治、軍事、経済、保存など)が楽しくユーモアに富んだ絵で紹介される。
    巻末には塩を中心にした歴史年表もあり、歴史は塩によってつくられていることがよくわかる。

    人間中心の歴史を紹介する方法に慣れているので、塩が中心で世界が回っているとは驚きだ。しかし、生物は塩がなければ生きられず、結局、生活必需品の「塩」がとれる地域と不足している地域の人たちが、塩を中心に経済をまわし、流通させ、戦争や政治のネタにし、研究し、いろいろに活用している様子を見ると、筆者の独自の視点が納得できる。
    歴史は、塩が作った。
    人間は塩に振り回されている。人間が塩を振りかけて、塩を支配しているように見えるが、実は塩に支配されているのだ。

    今は塩が簡単に手に入るようにはなったが、今度は「塩分の取りすぎ」などの健康問題や環境破壊など別の問題が持ち上がっている。だから結局、塩には勝てないのだと思い知らされている。

    人間中心という視点を変えることにより、新しい発見があり、人間はもっと謙虚に生きなければならないと反省できる絵本。
    単に、ユーモアに満ちた漫画として楽しんでいるだけで、世界史が頭に入るという珍しく便利な本でもある。大人の方も是非お読みください。歴史が苦手な人にも、興味をもってもらえそうな面白いエピソードが満載。

    投稿日:2019/12/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「世界を動かした塩の物語」のみんなの声を見る

「世界を動かした塩の物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット