話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

だれか、あそんでくれないかな」 ジュンイチさんの声

だれか、あそんでくれないかな 作:ウルセル・シェフラー
絵:ウリス・ヴェンゼル
訳:いぬい ゆみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784566006751
評価スコア 4
評価ランキング 24,945
みんなの声 総数 3
「だれか、あそんでくれないかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 親として反省させられる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    表紙の小熊の寂しそうな表情に惹かれて読みました。

    物語は、冬眠から小熊だけ早く目覚めることから始まります。
    親熊も起きると、家を作ることになるのです。
    親熊が家を作り、手持ち無沙汰な小熊も自分で小枝を集めて小さな家を作ります。
    小熊は作った家が完成したので、親熊に見せようと声をかけるのですが、返ってきた言葉が、
    「うん、あとでね、いまはいそがしいから」

    どこかで聞いたことのある言葉です。
    それで、小熊は遊んでくれる仲間を探しにいくのです。
    最後は、小熊が「ちょっとまって。いま、いそがしいんだ」という場面もあって、なかなかのストーリー展開だと思います。

    小熊に自分自身を投影して読むことが出来る絵本なので、読み聞かせには最適でしょう。
    熊の絵本って、暖色系のものが多いのですが、この作品もご多分に漏れず暖色系の色調で、読み手を包み込んでくれるような作品だと思います。
    また、親としての教訓のある絵本だと思います。

    投稿日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だれか、あそんでくれないかな」のみんなの声を見る

「だれか、あそんでくれないかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット