まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森」 やこちんさんの声

宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森 作:宮沢 賢治
絵:片山 健
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784895881180
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,040
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 自然の中で生きていくということ

    入植者が、ここに畑を起こしていいかと森に尋ね
    それを「いいぞー」と答える森たち(←複数形なのがみそ)

    この物語の中には
    自然と共存しながら生きていた
    日本人古来の生き方があるように感じました。

    このお話を語るのも森。
    森や山にそれぞれ気質みたいなものがあり
    それを擬人化してとらえ
    人間はそれを敬ったり恐れたりしていた
    そのまままるごとが、物語になっています。

    片山健さんの純粋なダイナミックさが
    物語に壮大さと温かみを与えます。

    深くかみしめたいような一冊です。

    投稿日:2019/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / 宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 / 宮沢賢治の絵本 雪わたり / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット