話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ

宮沢賢治の絵本 やまなし」 トゥリーハウスさんの声

宮沢賢治の絵本 やまなし 作:宮沢 賢治
絵:川上 和生
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2006年10月
ISBN:9784895881142
評価スコア 4.48
評価ランキング 9,813
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く
  • 3歳3ヶ月の息子に図書館で借りました。
    ちょうど、今Eテレの「にほんごであそぼ」での歌が、
    「クラムボンがわらったよ クラムボンはかぷかぷわらったよ」というもので、
    息子がその歌が大好きなので。

    まだ、3歳の息子には難しい本だと思います。
    しかし、水底からカニたちが見る、水の中や外の世界を表す宮沢賢治の表現、、これが独特で本当に素敵なのです。
    3歳だとまだ分からないことが多いかもしれないけれど、
    その表現を身体で感じてほしいと思いました。

    私は、川の中に、日光が差し込んでくるところの表現が好き。
    人間はまったく体感したことがなく、
    魚やカニになってみないとわからない光景。
    水中ハイスピードカメラで川の一年を移した映像が思い出されました。

    また、この本は、絵が好き。
    透き通ったの川をよく表しています。
    カワセミが魚をとったあと、波紋が起きている水面の絵がいい。
    まあ、この絵本を見る前の、私のイメージとちょっと違っていますが。
    (もっとキラキラしたイメージでした)

    幼い子どもにとって、絵はとても大切な本の要素です。
    私は、絵で絵本を覚えていて、
    今でも「これは読んだことがある」とわかります。
    そして、自分の血となり肉となっている気がします。
    そういう面でも、この絵の透明感のある水底から見た表現はいいと思うのです。

    息子は、カニの親子の会話が好きだったようです。
    魚が登場するところ、カワセミが魚を食べてしまうところにも興味を示していました。
    また、「かぷかぷわらったよ」という表現も好きなようです。

    息子に何度も何度も読みたい絵本だと思いました。
    3歳でも身体で文章と絵を感じてほしいです。

    投稿日:2014/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 やまなし」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 やまなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / いないいないばあ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット