宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みつばちとどろぼう 改訂版」 ちりぷさんの声

みつばちとどろぼう 改訂版 作・絵:エリック・カール
訳:小田英智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年5月
ISBN:9784033212005
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,010
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 動物たちのリアルな動きに感動!

    • ちりぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 2歳、0歳

    2歳の娘にプレゼントとしていただいた初めての仕掛け絵本です。

    ひっぱる仕掛け絵本なのですが、みつばちや、くまの動きがとてもよく表現されていて、本の中で本当に動物たちが動いているようで娘だけでなく私も夢中になってしまいました(^^)

    また、エリック・カール氏の「はらぺこあおむし」の仕掛け絵本にも登場する蝶の飛び出す仕掛けがなんとここにも掲載!!!

    広げられた本いっぱいに浮かぶ色鮮やかな蝶がとてもキレイで、親子で「おぉ〜!」と感嘆してしまったほどです!

    大きな書店でないとなかなか在庫がないようで、あまり知られていない本ではないでしょうか?「はらぺこあおむし」をすでに持っていらっしゃるお子さんへのプレゼントとして喜ばれる絵本だと思います。

    投稿日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みつばちとどろぼう 改訂版」のみんなの声を見る

「みつばちとどろぼう 改訂版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / うんこ! / でてこい でてこい / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット