新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他

カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話」 はなびやさんの声

カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話 再話:アンナ・ガルフ
訳:内田 莉莎子
絵:小野 かおる
出版社:福音館書店
本体価格:\0+税
発行日:1994年03月
評価スコア 4
評価ランキング 25,269
みんなの声 総数 3
「カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ハラハラしました

    エヴェンキ民話だそうです。「こどものとも」456号、1994年3月号。

    3びきのやんちゃなうさぎたちが、おばあさんのユルタ(テント)に忍び込みます。

    おばあさんは、魔法使いなのか?呪文一つで、火を燃やすことができます。うさぎたちは鍋に隠れているので、その鍋が火にくべられたらと、読んでいてハラハラしました。

    うさぎたちのわんぱくぶりは収まらず、やりを持って狩に出かけるところも、ハラハラ。

    子どもには、好奇心旺盛で無鉄砲なところがありますよね。息子は、その行動に共感できるようで、うさぎたちがどうなるのか?興味津々で見ていました。

    うさぎたちの行動にドキドキとするおもしろい民話だと思いました。

    投稿日:2008/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話」のみんなの声を見る

「カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット