ほうれんそうマンのおばけやしき」 渡辺諦さんの声

ほうれんそうマンのおばけやしき 作:みづしま 志穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年07月
ISBN:9784591020210
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,855
みんなの声 総数 5
「ほうれんそうマンのおばけやしき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ゾロリのいたずら&復讐根性に脱帽

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    悪さをことごとく邪魔されているゾロリは、豚のポイポイの弱点を運よく知る。作戦を練り、ゾロリ城にポイポイと愉快な仲間たちを招待するが…夏の定番「おばけ」をネタに、愉快な冒険が楽しめる。

    見間違えからやぎひげ先生を一つ目のお化けだと思ったポイポイ。トラウマになっているものの、正義のヒーローになると全く大丈夫になってしまう。七夕の短冊に書いた願い事や、ゾロリ城で待ち受ける嫌がらせの数々など、駄洒落やユーモア満載でどのページも突っ込みどころが満載。あちこちにちりばめられたギャグを拾っていく楽しみと、妙な方面に突き進む話の筋を追う楽しみで1冊で何度もおいしい。豪華で面白がらせる気持ちが満載のサービス絵本。

    圧巻はそうめんの池地獄。なんとゾロリがわざわざ3日もかけてそうめんを茹でまくって自作した、なかなか結構な代物。おそらくクーラーなどは設置していないであろうゾロリ城で、作業中、何度も熱中症で倒れそうになったゾロリを想像すると、あまりの執念深さと思いつきのばかばかしさにクラクラする。
    復讐もここまでくだらないと、かえって芸術的とすら思える。その根性を別のことには全く使えないところが、悪役の悲しいところであり、お話の面白いところである。
    請求書の山、妙にリアルな展開がおかしくて、夜中夢にでてきそうだ。

    投稿日:2020/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ほうれんそうマンのおばけやしき」のみんなの声を見る

「ほうれんそうマンのおばけやしき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット