話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロッタちゃんとクリスマスツリー」 渡”邉恵’里’さんの声

ロッタちゃんとクリスマスツリー 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:ヴィークランド
訳:山室 静
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:1979年12月
ISBN:9784033270500
評価スコア 4.75
評価ランキング 850
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く
  • 一人で何だってできると思っている勝気な少女ロッタちゃん。スキーはまだ無理だけど、家事の手伝いは得意。隣の病気のおばさんのところに手伝いに行くついでに、ごみを捨てたのはいいものの、どうも間違って大事なぬいぐるみのバムセを捨てたらしい!
    でも大丈夫だった。その次は、おばさんのお使い。途中、自宅でお昼ご飯を食べていたら、お父さんがクリスマスツリーは売り切れてしまった、と残念がっていた。一家中、残念な重苦しい空気に包まれる中、ロッタちゃんも泣きわめきたいところだったが、お使いを思い出し、気を取り直して出かけていく。その先では…

    小さい子どもの心や動きを生き生きと描いて、まるで自分がその場にいるような気持ちになる。勝ち気で前向き、何でも自分でできると思い込んでいる少女はやんちゃではあるが、大変な強運の持ち主。幸運の女神は、逆境でも負けない子に微笑んでくれるのだろう。
    落ち込んでいる時に、勇気づけられる絵本。
    お話が割に長く、文章表現も昔風で、古き良き時代の北欧の雰囲気を体験した気分になれる。

    投稿日:2019/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロッタちゃんとクリスマスツリー」のみんなの声を見る

「ロッタちゃんとクリスマスツリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット