話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

わにのアーサーおよばれにいく」 アダム&デヴさんの声

わにのアーサーおよばれにいく 作:ラッセル・ホーバン
絵:ジェイムズ・マーシャル
訳:酒井公子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年
ISBN:9784033278407
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,541
みんなの声 総数 7
「わにのアーサーおよばれにいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 男の子って、けなげ〜

    楽しい読み物でした。
    読んで聞かせるなら、何日かに分けてが良いかも。

    わにのアーサーの食事のマナーが、家族の悩みの種のようです。
    我が家は、食の細かった息子にとにかく食べさせることにばかり目が行って、マナーは後回しだったような気がします。

    欧米では、食事のマナーは相当幼いころから徹底されていることが、この作品からもわかります。
    日本にも食事の美しいマナーがあるのですが、私は最低限のことしか教えていないようで、反省しています。

    大人になって困らぬように、自我が芽生え第一次反抗期に入る前から刷り込むべきことなのかもしれませんね。

    アーサーが、食事のたびに家族みんなから集中攻撃を受ける姿に、これじゃ〜食事も嫌になるだろうな〜、って思いました。

    でも、アーサーが自らマナー矯正に励む動機になったのは、妹のかわいい友だちでした。

    男の子って、けなげ〜って、笑ってしまいました。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わにのアーサーおよばれにいく」のみんなの声を見る

「わにのアーサーおよばれにいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット