新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

クリスマスのつぼ」 ちびまるちゃんちの絵本箱さんの声

クリスマスのつぼ 作・絵:ジャック・ケント
訳:清水 真砂子
出版社:ポプラ社
税込価格:\1,320
発行日:1977年
ISBN:9784591058701
評価スコア 4.3
評価ランキング 20,170
みんなの声 総数 9
「クリスマスのつぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • メキシコのお話。つぼ作りの名人ホアン・ゴメスさんが作った二つのつぼ。
    一つは、きれいに模様まで、つけてもらって、おかみさんが、水汲みに使っている。
    でも、ひとつは、焼く時にひびが入ってしまって、すみにおいやられたまま。
    クリスマスのピニャータを作るのに、使われたそのつぼは、自分がきれいに飾られ、お菓子やくだものを入れてもらって、上機嫌。
    でも、このピニャータって、クリスマスの日に子供達が割って、中からでてきたお菓子を拾うというもの。
    何も知らずに壊されてしまったつぼは、ゴミ捨て場に捨てられ、嘆く。
    でも、なんとあのきれいに色を塗ってもらっていたもう一つのつぼもゴミ捨て場にやってきた。
    そのつぼのかけらは、「なんだって、いつかはこわれるんだよ。それぞれ、役に立って、よかったじゃないか。」という。
    すると、ゴミの山は、しあわせなため息につつまれる。
    誰もが、それぞれに値打ちがあるとわかって、うれしかったから・・・。

    クリスマスの絵本と言うよりは、人や物の価値を問いただすような絵本。心にぐっとくるものがあったのか、小学生の息子は、これを読んで泣いていました。

    投稿日:2002/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスのつぼ」のみんなの声を見る

「クリスマスのつぼ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット