新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ありがとうのきもち」 ちびまるちゃんちの絵本箱さんの声

ありがとうのきもち 作:柴田 愛子
絵:長野 ヒデ子
出版社:ポプラ社
税込価格:\1,320
発行日:2002年12月
ISBN:9784591074435
評価スコア 4.48
評価ランキング 10,473
みんなの声 総数 28
「ありがとうのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • お引越しする事になったあーちゃんは、みんなに「ありがとうカード」を作って挙げる事にしました。
    そして、一人ずつカードに書いた言葉を読みながら、渡していきました。
    あーちゃんが、ひとりひとりを思い浮かべて書いたカードです。
    「まあるい こころ しょうちゃん」という風に。
    あーちゃんとなかよしのあきも楽しみに待っていました。
    そして、もらったカードには「あばれんぼう あき」と書いてありました。
    あきはいらないとつき返えします。
    受け取ってもらえなくて、泣くあーちゃん。
    でも、あきは「あき だいすき」って書いて欲しかったんだって。
    あーちゃんの思いは上手く伝わらなかったのです。

    本来、贈り物って、贈る人があげる人のことをあれこれ考えて、選んだり、作ったりするもの。
    「なにがいい?」って、欲しいものを、聞いて贈るのは、ちょっと違う気がします。
    でも、こういうプレゼントが多いのではないでしょうか?
    自分で考えた贈り物だから、あーちゃんのように失敗することがあるかもしれません。
    でも、あきにとあれこれ考え、書いた時間には、あーちゃんのだいすきって気持ちがこめられているんだと思います。
    失敗しても、自分の気持ちをそのまま、相手に伝えたい。
    そういう気持ちを大事にしたいと思います。

    投稿日:2004/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ありがとうのきもち」のみんなの声を見る

「ありがとうのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット