ハウルの動く城(1) 魔法使いハウルと火の悪魔」 てぃんくてぃんくさんの声

ハウルの動く城(1) 魔法使いハウルと火の悪魔 作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳:西村 醇子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:1997年05月
ISBN:9784198607098
評価スコア 4.75
評価ランキング 927
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 読みだしたら止まらない

    映画になるよりずっと前から高い評価を受けて、多くのファンを持つ作品ですので是非ご一読あれ。

    登場人物がみんな活き活きして、本来生きてるはずない物までもが生命力に溢れています。
    人が変わったように弾けちゃったソフィ、いたずら好きのお茶目な火の悪魔、生真面目で苦労性なくせ抜け目のないハウルの弟子。そして27歳になっても落ち着かない色男ハウルに、可愛いところもある荒地の魔女。
    けっこう複雑な筋立てで、半分は分かったけど残り半分は予想もつかなかった。
    最後はおもしろかったよ。お腹が空いて、でもやめられずにパンをパクつきながら読んだ。
    絡まった紐がゆるゆると解けるように、今までの小話が全部繋がってゆきます。

    ライトファンタジーのようでいて実はテーマも用意されていて、だけどそれを読み取るか読み取らないかは自由よ、みたいな開かれたイメージでした。
    人によっていろんな楽しみ方、読み方が出来る1冊ではないでしょうか。私は二作目のが、より好きです。
    良質ファンタジー。

    投稿日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ハウルの動く城(1) 魔法使いハウルと火の悪魔」のみんなの声を見る

「ハウルの動く城(1) 魔法使いハウルと火の悪魔」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

そらをとんだワンダ / コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ ロシアの昔話

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット