宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぱらぴたぽん」 ふわっとさんさんの声

ぱらぴたぽん 絵:ラウラ・スタニョ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784569689609
評価スコア 4.25
評価ランキング 16,849
みんなの声 総数 7
「ぱらぴたぽん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • おもしろい!!

    初めてであった絵本の形!!

    12種類の動物の絵が上下に分かれていて、ぱらっとめくると新たな動物・・上がぞうで下がかえる=ぞえる・・などなどおもしろい動物が登場します!
    ぱらっとめくってぴたっとあってぽんと登場!!
    だから、ぱらぴたぽん。ネーミングもおもしろい☆

    大人ですが、ちょっと一休み・・の時にぺらぺらめくって楽しんでます!!

    そして、ちゃんと背中側も(赤ちゃんをおぶっている)描かれているのが素敵!!12種類の動物それぞれに特徴があって、ラウラさんの世界が広がっています!!

    子供と読むなら、架空の動物だけど、どんな声で鳴くのかな・・とかどんな動きをするのかな・・とか想像しながら親子で楽しめると思います!!!

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぱらぴたぽん」のみんなの声を見る

「ぱらぴたぽん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / きのうえのほいくえん / ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • ねえねえ
    ねえねえ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    世界は不思議なことがたくさん!ねえねえ、いっしょにでかけよう!遊び心いっぱい、父と子の冒険絵本。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット