宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ごぶごぶ ごぼごぼ」 チヨノスケサブロウさんの声

ごぶごぶ ごぼごぼ 作:駒形 克己
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784834015980
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,496
みんなの声 総数 189
  • この絵本のレビューを書く
  • 3ヶ月、未だハマらず

    全ページ試し読み時(1ヶ月)は、ジーっと見つめていて興味がありそうだったので購入しましたが、微妙な反応です。
    絵本が好きな子なので、大概の作品をジーッと集中して見つめはしますが、ニコニコし、さらには声を上げて本に手を伸ばす程の反応をするのはごく僅か。
    残念ながら「ごぶごぶ」は違いました。
    その時の機嫌によってはニコッと微笑むこともありますが、他作品と比較するとハマってない事が伺えます。焦って買わなくても良かったかなあ...と若干の後悔。(絵本って結構高価ですよね)

    絵や音が独特で、パッと見て物語がある訳ではないので読み手の力量が重要かもしれません。
    「ぷ ぷ ぷ」と音に合わせて体をツンツンしたり、音程を工夫して一応楽しんでいます。

    投稿日:2018/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ごぶごぶ ごぼごぼ」のみんなの声を見る

「ごぶごぶ ごぼごぼ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(189人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット