話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

紙芝居 ふしぎなしゃもじ」 てんぐざるさんの声

紙芝居 ふしぎなしゃもじ 脚本:佐々木 悦
絵:須々木博
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1977年09月
ISBN:9784494075102
評価スコア 4
評価ランキング 24,631
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • どこの地方の民話なのか書いてありませんでしたが、聞いたことのあるお話しでした。
    お地蔵さまがおばあさんのお団子を食べてしまうところは、「おだんごころころ」と同じ流れですが、
    鬼に会ってからの後半、鬼の世界の飯炊き係にされてしまうところが違います。
    一粒の米がひとかきで一万倍になるという不思議なしゃもじを持ったまま、鬼の世界から逃げ出すおばあさんの行動力がすごかったです。
    須々木さんの絵は、柔らかいのにどこかコミカルなので、物語の中が大変なことになっていても安心してみていられました。

    12場面で、昔話としてはとても聞きやすい長さです。
    学童や、小学校の中学年くらいでやれたら楽しそうです。

    投稿日:2019/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 ふしぎなしゃもじ」のみんなの声を見る

「紙芝居 ふしぎなしゃもじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット