しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おとうさんのちず」 渡辺諦さんの声

おとうさんのちず 作・絵:ユリ・シュルヴィッツ
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784751525210
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,989
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く
  • 夢とロマンを買った男

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    4才で第二次世界大戦のため、故郷のポーランドからトルキスタンに一家は移動し、物のない厳しい生活を強いられる。その日のパンにも事欠くなかで、幼い少年の父はなぜか一枚の地図を買ってくる。
    空腹に苦しむ少年は父を恨むが、壁に貼られた地図によって少年の心はまだ見ぬ外国へいざなわれ、空想の中で世界中を旅することができ…

    戦争を扱った作品だが、爆撃や兵隊が出てくることはなく、庶民の暮らしが描かれる。親子は爆撃のない地方に逃げ延びるが、苦しい暮らしにあえぐ。デフォルメされた絵が、言葉以上にその苦しみや悲しみ、やるせなさ、怒りなどを語る。背景に書き込まれた人たちや風景も、戦争の愚かさを語っていて切ない。
    どんな困難の中でも、想像力や楽しみを見つける力が、人をすくってくれ、夢と希望を与えてくれる。2008年に発行された絵本だが、現在の話として私は受け取った。戦争以外でもいろいろな困難がある。その時、与えられたものの中に楽しみや想像力を働かせて将来を良くしていくものが隠されていると思った。

    様々な国を回る場面の、洒脱な絵が見どころ。
    巻末に筆者の生い立ち・解説もあり、作品をより深く楽しめる。

    投稿日:2020/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おとうさんのちず」のみんなの声を見る

「おとうさんのちず」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / バムとケロのさむいあさ / めっきらもっきらどおんどん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット