に〜っこり に〜っこり に〜っこりの試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

風にのっていったダニーナ」 ベリンディさんの声

風にのっていったダニーナ 作:ジョイン・ヨーレン
絵:エド・ヤング
訳:もりおか みち
出版社:冨山房インターナショナル
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784902385700
評価スコア 3.8
評価ランキング 35,865
みんなの声 総数 4
「風にのっていったダニーナ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 幸せな人生とは?

    ペルシャを思わせるエキゾチックな絵が、とても印象的な本です。
    画家エド・ヤングが、著者ヨーレンの美しい文章のためにと新たに生み出した技法で描いたそうで、物語がより一層味わい深いものとなっています。

    主人公は、美しく愛らしい娘ダニーナ。
    娘を愛するあまり、悲しみや苦しみから遠ざけようとした父親は、広大な屋敷を塀で囲み、美しいもの楽しいものだけを与え暮らします。
    そんなある日、塀を超えて“風”の歌が聞こえてきます。
    「わたしは、風。〜いつもやさしいとはかぎらない。」
    自分の知らない世界を歌う“風”の言葉に、ダニーナの心はしだいに…

    風の言葉がとても深く、人生について考えさせられました。
    閉ざされた世界とはいえ幸せを感じていたダニーナを、俗世に暮す私にはまさに深窓の令嬢に見え羨ましく思えたのですが、風は「悲しくつまらない人生」だと言うのです。
    「知らない幸せ」と「知る苦しみと喜び」 どちらがより良い人生なのでしょうか?
    幸せの感じ方は人によってさまざま、永遠のテーマかもしれませんね。
    父親の行動も行き過ぎた愛情だとは思いますが、親の立場から見ると理解でき、ちょっと切ない気持ちになりました。

    この本は、思春期を迎える頃の中学生から大人にお薦めだと思います。
    でも、エキゾチックな絵と美しい文章にはテーマ抜きでも引き込まれるものがありますので、是非手にとって読んでみて下さい。

    投稿日:2009/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「風にのっていったダニーナ」のみんなの声を見る

「風にのっていったダニーナ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / おこだでませんように / ぶたぶたくんのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット