宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

またたびトラベル物語 招福堂のまねきねこ」 渡辺諦さんの声

またたびトラベル物語 招福堂のまねきねこ 作:茂市 久美子
絵:黒井 健
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784052027604
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,302
みんなの声 総数 6
「またたびトラベル物語 招福堂のまねきねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 路地裏にある「またたびトラベル」。古い建物の1階にあるその旅行会社を訪れる人は、偶然ではなく必然。人生に行き詰ったり、何か思うところがある人たちが、今日もこの旅行会社に招かれ、不思議なツアーに出発します。
    主婦、若い女性、お金持ちの実業家、飲食店の店主…様々なお客さんがそれぞれの旅行体験を通して、今まで見えてなかった大事なことが見えるようになり、人として大切な感覚を取り戻していきます。人生を優しく軌道修正してくれるこの不思議な旅行会社。ぜひとも私も体験してみたいものです。

    どの話も、最終的には心温まる素敵な話です。話の中で、捨て猫の問題や他者に依存する程度の問題、生き方の問題などがさりげなくちりばめられ、自然と読みながら大事なことを考えさせられます。声高に叫ぶのではなく、あくまで穏やかに、大事なことを(あまり普段は考えない、できれば避けて通りたいようなことを)しみじみ考えられる素敵な時間を持てると思います。
    大人にぜひ読んでもらいたいファンタジー作品。

    投稿日:2019/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「またたびトラベル物語 招福堂のまねきねこ」のみんなの声を見る

「またたびトラベル物語 招福堂のまねきねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / にじいろのさかな / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット