宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

サラちゃんとおおきなあかいバス」 ごらむさんの声

サラちゃんとおおきなあかいバス 作:ジェーン・ゴドウィン
絵:アンナ・ウォーカー
訳:石津 ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784895726917
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,352
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • ドキドキ!

    • ごらむさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    とてもお洒落な表紙にひかれ、さらに内容を読んでサラちゃんの可愛さにキュン!としてしまい、サイン本が出た時に迷わず買ってしまいました。

    サラちゃんはスクールバスがちょっぴり苦手。
    それなのに、お姉ちゃんが風邪でお休みして、サラちゃんは1人でバスに乗ることに・・
    この時点で、サラちゃん1人で大丈夫かな?と早くも心配になってきます。

    帰りのバスの中、サラちゃんがうとうと眠ってしまい、バスが家の前を通り過ぎてしまう場面で、息子たちは、サラちゃん、どこまで行っちゃうの?というような不安そうな顔をしていました。

    そして、バスは終点について、運転手さんもバスを降りて行ってしまいます。
    サラちゃん、早く起きて!と思いつつも、まんまるの可愛い寝顔にちょっぴり心がなごみます。
    でも、息子たちは心配で仕方ない様子で、息をひそめて絵本に見入ってました。
    サラちゃんが目を覚まして、1人で不安そうにしている場面では、息子たちのドキドキも最高潮だったようです。

    バスの運転手さんが気づいてくれて、ほっと一安心。
    ようやくサラちゃんは家に帰れることになったのですが、家につくと、風邪でお休みしてたお姉ちゃんが真っ先に家を飛び出してきて、いつもバスに乗る時、お姉ちゃんはサラちゃんをおいてすぐに友達のところに行ってしまうけど、やっぱり妹のことが心配なんだな〜と思い、なんだかあたたかい気持ちになりました。

    この絵本を読んでいると、サラちゃんの不安やドキドキなど、いろんな気持ちが伝わってきます。
    これほど気持ちが伝わってくる絵本は今まであまり読んだことがないような気がします。
    おすすめです。

    投稿日:2011/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「サラちゃんとおおきなあかいバス」のみんなの声を見る

「サラちゃんとおおきなあかいバス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット