3歳 おすしドリル 3歳 おすしドリル
協力: 近野十志夫  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
イキのいいネタ揃ってます!おいしく楽しくおべんきょう!夏のがんばり賞キャンペーン実施中!

すみ鬼にげた」 どんぐりぼうやさんの声

すみ鬼にげた 作:岩城範枝
絵:松村公嗣
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784834024715
評価スコア 4.79
評価ランキング 442
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 「うぉーん うぉーん」

    宮大工の見習い小僧のヤスが体験した、不思議な物語。

    「うぉー うぉー」「うぉーん うぉーん」

    奈良の古いお寺でヤスが出会ったのは、一尺ばかりの小さな鬼。
    タイトルは「すみ鬼にげた」ですが、鬼は決して逃げたわけではなく、
    またお寺に戻ってきます。いや、もしかしてその時、逃げようと
    していたのかな?

    1体だけ表情が違うこの鬼は、唐招提寺の金堂の四隅にいる、
    木彫りの邪鬼がモデルとのこと。

    実際には動くはずのない鬼ですが、もしこの鬼に過去があったとしたら?
    苦しそうなこの鬼の姿。「この鬼をここから逃がしたい」という気持ちから、
    このお話を作り出した作者の気持ちが、わかるような気がします。

    ヤスの手助けがあって、長年の願いを叶えることができた鬼。
    いや、願い、というよりは、野望かな?
    それは、どんなものだったのかは、是非読んで確かめてくださいね。

    実は、この本を私に教えてくれたのは、小5の息子。
    学校の図書室で見つけて、お気に入りとなり、一時期、正座をしては
    「うぉーん うぉーん」と鬼の真似をしたりしていました(笑)

    ちなみに、木彫りの小さな鬼が大きな鬼へ変貌する瞬間の絵は、
    結構インパクトがあります。
    機会があれば、モデルになった邪鬼を是非見に行きたいですね。

    投稿日:2013/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すみ鬼にげた」のみんなの声を見る

「すみ鬼にげた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット