おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

すみ鬼にげた」 てぃんくてぃんくさんの声

すみ鬼にげた 作:岩城範枝
絵:松村公嗣
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784834024715
評価スコア 4.79
評価ランキング 442
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 日本文化の世界へ

    青少年読書感想文の入賞作品を読みチョイス。

    奈良の唐招提寺のおはなしだなんて知らなかった。
    これは子供の感性に訴えるところがあるだろうなぁというのが感想。
    感じやすい子供や、そういう大人が感じ入る作品だと思う。
    鬼って、昔の人にとってどういう捉え方だったのでしょうね。異なるもの、こうして魔を打払う不思議をもつもの、だのに物語で語られる鬼はいずれも人情味がありますね。

    私は吉野のシーンが印象的でしょうか。
    伝承ロマンというか。地名もハッキリ出て、身近な土地でもあることから、不思議物語ではなく昔話を聞くみたいでした。
    鬼には鬼の世界があるのだということ、やり残したことをしてスッと(人間に与えられた)自分のやるべきことに戻っていく姿は、読書感想文にもありましたが、主人公のお父さんのようでもあるし、一生懸命このお堂を作ってきた主人公の魂が乗り移ったものとも考えられます。
    人間であることに踏ん切りをつける、自然木であることに踏ん切りをつける、そんな風にも思えました。

    ちょっと難しいお話だと思ったけれど、自分の生業を全うする素晴らしさや生きていく逞しさを思いましたよ。

    唐招提寺に行きたくなりました。子供も行きたくなってくれたら、こういう視点で文化に親しんでくれたら素敵だな。すごーく思いました。

    投稿日:2014/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すみ鬼にげた」のみんなの声を見る

「すみ鬼にげた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット