季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

はてしない物語」 てんちゃん文庫さんの声

はてしない物語 作:ミヒャエル・エンデ
訳:佐藤 真理子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,860+税
発行日:1982年6月7日
ISBN:9784001109818
評価スコア 4.8
評価ランキング 352
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • 何度でも読み返して…

    『モモ』と並び、エンデの作品の中でも特に好きな一冊です。
    初めて読んだのは小学生の時でした。
    あかがね色の布地に、二匹のヘビがそれぞれの尾をくわえ合って輪になっている表紙。物語の中の主人公が手にしている本と似た装丁のずっしりとした本は、それだけでわくわくするものでした。
    各章毎に独立した、様々な異形の者たちの物語が繰り広げられ、読み応えのあるファンタジーという印象でした。

    ある時、大人になってから再びこの本を通して読む機会がありました。
    子どもの頃に読んだ時から、この本の重要な部分は、主人公が物語の世界に飛び込んだ後半部分にあると思ってはいたのですが、改めて読み返してみて、この後半部分に描かれている内容の深みにすっかり魅了されました。
    読後、エンデという人は、なんて愛情深い人なのだろうと、感動で胸がいっぱいになったのを覚えています。もう、20年ほど前のことですが…
    それからはエンデの晩年の作品を常にチェックして購入していました。

    最近、閉塞感を感じているので、そろそろまたこの本の世界に浸りに行きたくなっています。
    ずっしりとしたあかがね色の表紙の本が手元にあって良かったなあ。

    子どもたちに、子どものうちに読んでおいた方がいい本の一冊として、真っ先に勧めたい本です。
    ところで、子どもの頃の感想ははっきりとは覚えていませんが、ひとつだけ覚えているのは、主人公の少年はどうして無類の本好きなのに、落第するくらい成績が悪いのだろう、ということでした…

    投稿日:2020/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はてしない物語」のみんなの声を見る

「はてしない物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

にじいろのさかな / とこちゃんはどこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / いないいないばあ / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット