くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!

岩波少年文庫 ながいながいペンギンの話」 さみはさみさんの声

岩波少年文庫 ながいながいペンギンの話 作:いぬい とみこ
画:大友 康夫
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:2000年06月16日
ISBN:9784001140033
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,768
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • ハラハラする冒険

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    小学校一年生の長男が一人で読めそうな本を探していて読んでみました。

    南極のペンギンの兄弟が、子供らしい無鉄砲とも思える冒険をしながら、季節がめぐる頃には立派に成長していく姿が描かれています。結構ハラハラする場面もあって、男の子に特に好まれると思います。

    このお話には、岩波書店の版と理論社の版があって、挿絵の画家さんと、漢字へのふりがなの振り方が違っています。理論社の版には、すべての漢字にふりがながふってあるのですが、こちらの方は、例えば「南極」、「島」、「夏」にはふりがながありましたが「小石」にはふりがながありませんでした。

    低学年の子にとっては理論社のほうが読みやすいかもしれませんが、1、2年生程度の漢字を知っているなら、こちらの方が文庫でコンパクトでいいかもしれません。

    投稿日:2015/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 ながいながいペンギンの話」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 ながいながいペンギンの話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット