まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (下)」 てんぐざるさんの声

岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (下) 作:トンケ・ドラフト
訳:西村 由美
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784001145786
評価スコア 4
評価ランキング 26,188
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • エピローグが明るい未来を見せてくれる気がします。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    行方不明だったティウリやベンドゥー騎士の友人、リストリディン騎士の居場所が後半になってようやく判明しました。
    生きていてくれてよかったと思いました。トンケの本作品では、ふつうに主人公の知人友人たちが死んでいってしまうので、時に悲しくなります。
    殺されるシーンは詳細には書かれていないのですが、生き残った者たちが回想と共に一言二言いなくなってしまった友への思いを語るシーンが何か所かあり、そんなところを読んでいると読み手のこっちもつらくなるのです。
    この物語は騎士道(騎士が守るべき戒律や美徳)が重んじられ、時に善と悪とが混ざり合い、何が本当に正しい行いなのかわからなくなりそうになります。
    それでも少年騎士(17歳)のティウリは、騎士として正しい行いをすべきとまっすぐに行動していきます。
    その姿はとてもかっこいいです。
    物語の後半では、ティウリの父「勇者ティウリ」も登場し、戦場に赴きます。毅然とした態度をとりつつも、息子の安否を心配している勇者ティウリもまた父としてかっこいいなぁと思いました。

    最後はやや悲しい結末を迎えますが、エピローグでうっすら明るい未来の光が差し込んできたように感じました。
    騎士の物語は、サトクリフが有名ですが、彼女の作品とはまた違った面白さがたくさん詰まっています。
    ぜひ、手に取っていただきたい物語です。

    投稿日:2019/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (下)」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (下)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 海ガラスの夏
    海ガラスの夏
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    トーマスは、海岸で海ガラスを見つけた。海水や砂にもまれ、時を経て丸くなった海ガラス…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット