季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

海をわたったアンメイ」 はなしんさんの声

海をわたったアンメイ 作:ステファン・モルナー・フェントン
絵:ヴィヴィアンヌ・フレッシャー
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784566006409
評価スコア 4
評価ランキング 25,133
みんなの声 総数 3
「海をわたったアンメイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 優しいえのタッチにほっとします。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    アンメイという中国の女の赤ちゃんが、アメリカの作者の家へ養女となったお話。
    あまり小さな子供向きではないかもしれません。
    アンメイが、置き去りにされた時に、母親は、どんな思いでさって行ったのでしょうか。決して愛されていなかったわけでわなく、やむにやまれず手放したのではないのでしょうか。アンメイが、こんなにアメリカで愛されてすくすくと育っているなんてなんてラッキーで幸せなことでしょうか。でも、置き去りにされた時の、遠い記憶の中にしまわれた、お母さんのコートのバサッという音を思い出して少女が、夜に声をあげて泣くところは、とても切なくなります。

    投稿日:2003/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「海をわたったアンメイ」のみんなの声を見る

「海をわたったアンメイ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット