話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト

絵本 星新一ショートショート」 渡辺諦さんの声

絵本 星新一ショートショート 作:星 新一
絵:外山 光男 田辺 富士男 パンタグラフ
出版社:KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
税込価格:\1,870
発行日:2009年12月
ISBN:9784048544511
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,086
みんなの声 総数 2
「絵本 星新一ショートショート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 目で見る星新一の世界 三者三様

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    2009年刊行。
    ・「災難」絵:外山光男
    ・「海」絵:田辺富士男
    ・「博士とロボット」人形アニメ:パンタグラフ
    星新一の皮肉とユーモアに富んだ楽しい短編を、個性豊かな作家たちが独自の世界観で表した絵本。

    3編の話はそれぞれ1964、1965、1988年の作品。絵をつけたのは2000年代後半。原作が出来上がってから何年もたってから、絵本になったり、人形劇になったりする人気ぶり。話自体が面白い上、古びないので、後輩のクリエーターたちも楽しく仕事ができたのではないだろうか。
    パソコンで描いた絵を多く見るようになった昨今、特に心に残ったのは手作り感いっぱいの人形劇風の作品。テレビで人形劇を見ていた世代には特に懐かしく感じられると思う。手間暇かけて作った、愛情たっぷりの作風が妙に楽しい。

    お話自体は、かなり痛烈。人間は、いい大人になっても、結局、よくわからないまま流されて生きているのだろうか。
    妙な世界に紛れ込んでも、なんとなく適応して生きてしまう気もする。変なことが起きても、慣れてしまう。誰も突っ込まなかった疑問を、あえて突っ込みを入れてみる勇気といたずら心があって、面白い。
    世の中、うまくいかないことや思い通りにいかないことの方がはるかに多いが、この絵本を読むと、それでもどうにか生きているような気がしてしまった。妙な楽しさと、人を元気づける力がある作品だ。

    投稿日:2021/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「絵本 星新一ショートショート」のみんなの声を見る

「絵本 星新一ショートショート」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / ぴょーん / おやすみなさい おつきさま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット