わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

グレー・ラビットとヘアとスキレルスケートにいく」 はなびやさんの声

グレー・ラビットとヘアとスキレルスケートにいく 作:アリソン・アトリー
絵:マーガレット・テンペスト
訳:神宮 輝夫
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784887500426
評価スコア 4
評価ランキング 25,131
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 冬の時期に

    チムラビットは読んだし、そろそろグレー・ラビットでも、ちょうど冬のお話のようだしと思ったのですが、読む前の息子の反応がよくなかったです。

    私はアトリーが好きなんですけどね。

    「この本さ、おもしろそうじゃない」と言われました。でも読んじゃいましたけど。

    表紙がきれいすぎたり、女の子の好みそうなものだと敬遠されるんですよね。

    スケートに行くのに、お茶の用意を持ってで始まるところは、イギリス的だなあと思いました。

    アトリー自身の田舎暮らしの思い出が入っているのでしょうか。

    池にスケートに行くところなどは「若草物語」を思い出してしまいました。

    イギリスの少し昔の田舎暮らしの様子が垣間見えて楽しかったです。

    ただ、最後の方のエピソードだけは経験したくないです。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「グレー・ラビットとヘアとスキレルスケートにいく」のみんなの声を見る

「グレー・ラビットとヘアとスキレルスケートにいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット